2006年12月02日

ごあいさつ

以前から、プロとして自分の意見を発信する場所を持ちたいと常々思っていました。また、プロはそうあるべきだとも思っていました。
遅くなった要因はいろいろとありますが、たまたま将棋世界の連載を持たせていただいたことが大きかったと思います。軽いタッチで書いていましたが、いろいろと自分なりの考えを書かせていただいたことは、非常に有意義な経験でした。
連載をしていた1年ほどの間に、自分にも将棋界にも大きな出来事が相次ぎ、すっかり「毎日がオフタイム」などとは言ってられなくなりました。これからしばらくの間は、将棋に関わるいろいろなことに、挑戦し続けたいと思っています。
そのひとつとしてこの場所では、内部の視点からさまざまな将棋界の問題に、自分なりの意見・見解を書いていきたいと思います。連載当時より軽くなるのか重くなるのか、それは自分にもわかりませんが、将棋界を応援して下さるすべての人に、読んでもらいたいと思っています。
よろしくお願いします。
posted by daichan at 15:12| Comment(1) | TrackBack(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
将棋世界の連載、面白かったですよ。
また、やって欲しいなぁ
Posted by lalala at 2006年12月06日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【将棋】片上大輔五段がブログを開設
Excerpt: 片上大輔五段がブログを開設した。 将棋ファンとして喜ばしいことである。 片上五段といえば、将棋世界での連載が思い出される。 歯に衣着せぬ堂々とした意見で好感が持てた。 自分というものを..
Weblog: TOEIC990点を目指す。
Tracked: 2006-12-08 00:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。