2007年01月02日

観戦記について@

 いろいろ書きたいことが多くて、まとめるのに時間がかかってしまいました。Aがいつの機会になるかは分かりませんが、今回は「即時性」というテーマに絞って、書いてみたいと思います。

 将棋界をこれまで支えてきたもの。その柱の一つが、新聞社というスポンサーであり、それぞれの新聞に掲載されてきた観戦記であろうと思う。新聞に将棋が掲載されることで、棋士たちはお金を得て、同時に将棋の普及にも役立ってきた。その観戦記が「インターネット」という新たなメディアの出現で変わろうとしている。また、変わっていくべきだと思う。

 かつて新聞の観戦記というのは「即時性」を備えたものだったのではないかと想像する。昔のことはわからないのであくまでも推測だが、かつては新聞が将棋の詳しい内容を知るための、最速にしてほとんど唯一の手段であり続けたのではないだろうか。「将棋雑誌があるじゃないか」と言うなら、新聞を「出版物」と読み替えてもらってもよい。その状況がいま、インターネットの出現により、大きく変化している。

 たとえば、いま渡辺竜王の将棋について詳しく知りたければ、見るべきものは週刊将棋でも将棋世界でもなく、渡辺明ブログであることは広く知られていると思う。本人の記事が最も信頼できる上に最も早いと来ている。この現実は実際に取材して記事を書く人にとっては厳しいが、その現実を乗り越えて、それでも読みたいと思わせるだけの物を書かないと読者はついてこない。一言で言うと、書き手のその人なりの個性を出していくしか方法はないと思う。
 新聞の観戦記も同じことで、結果も、場合によっては内容もネット上で見ることのできる対局について、後発で類似の記事を出しても読者は評価してくれないだろう。満足させるには内容を良くするしかない。何が言いたいかというと、「即時性を自然と備えていた時代と同じやり方をしていてはだめだ」ということである。

 現在の新聞観戦記というのは、だいたい対局から1ヶ月後ぐらいに掲載されるものが多いが、中には数日中に掲載されるものや、逆に3ヶ月ぐらいたってから掲載されるものもある。読者は一般に、掲載は早いほうがいいと思われるかもしれない。たとえば、遅くなるとこんな指摘もある→対局時期と掲載時期がかけ離れている物が結構多いので、掲載時期を忘れてしまうという事が多いのです。

 しかし僕は必ずしも掲載時期が遅いことが悪いとは思わない。問題は、すべてが同じような取材方法、同じような書かれ方をされていることだと思う。即日まとめなければいけないもの、数日中のもの、数ヶ月後のもの、そのすべてが同じ情報、同じ取材(その大半は感想戦)に基づくもので果たして良いだろうか?僕はそうは思わない。

 時間がたつことで、対局者本人がその将棋に対する理解を深めることもあるし、注目のカードであれば多くの棋士が目を通すわけだから、棋士仲間のその将棋に対する評価も自然と定まってくるだろう。同じような将棋が流行するきっかけになることもあれば、逆に指されなくなることもある。わかりやすい例を挙げると、「最新流行形」とネット中継に書いてあるならいいが、これを数ヶ月過ぎた観戦記で使うのは無理がある場合が多いだろうと思う。
 対局中にはこのように考えてこう指した→感想戦で調べてみたところこう指すべきだと判明した→しかし改めて冷静になって一人で考えてみるとやっぱり納得がいかない、なんてことはざらにある。そうした心理の動きが書かれているものはなかなかお目にかかれない。僕が一番嫌いなのは「▲○○○では▲○○○が良かった」(感想戦の結論)の繰り返しである。報道記事としてはもちろんその事実も大切かもしれないが、事実であるという以上の価値(面白さ・将棋の魅力)は生まないと思うから。

 大雑把に言って、即時性が必要なものは、対局前・対局中そして対局直後に得られる情報に片寄らざるを得ないだろう。ネット中継というのはだいたいがそうだと思う。ならば、時間のたってから出る文章には、その逆、つまり時がたってからでなくては得られない情報が盛り込まれてしかるべきだと思う。そしてその上で、その書き手でなくては書けない「味」が出てくるのが理想だろうと思う。


 最後に改めて、この稿で一番言いたかったことは「即時性を自然と備えていた時代と同じやり方をしていてはだめだ」これに尽きます。その点がしっかり伝わっていればと願います。
 これまで観戦記の世界は、外部との接点でありながら、将棋界の中でも特に閉鎖的だったのではないか、と僕は感じています。それをすこしづつでも変えていくきっかけになれば、と思っています。
posted by daichan at 00:27| Comment(7) | TrackBack(3) | 意見・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴兄の主張は、まさにいままであまり指摘されることのなかった観戦記論の急所中の急所であり(@)、また一方で、それほど深い洞察を必要とするまでもなく自明のことである(A)、と思います。
相矛盾する@とAが思考停止で楽々と成り立ってしまうこと自体が、実は最大の問題点。
書き手のレベルが低く、読み手にも、書かれる当人にすら意識が希薄で、批評精神の育たない、この業界の貧しくも哀しい実態を如実に表しているといえましょう。
私個人としては、黙々と腕を磨き、与えられた仕事の精度を高めていくしかありません。
片上さんの盤上盤外でのご活躍をお祈りします。
Posted by 観戦記者・小暮克洋 at 2007年01月02日 05:05
囲碁では、感想戦でなく、第3者の棋士に解説してもらって観戦記を書いているようですね。
そこで将棋では、感想戦だけではなく、控え室での棋士たちの継ぎ盤研究や、ゲラになった段階で対戦棋士が改めて振り返ってみて、好手・悪手の変化手順等を再発見しながら解説してもらって、観戦記に深みをだすなんて言うのはどうでしょうか?
だって、将棋世界の「千駄ヶ谷市場」が一番面白いんです、私にとっては。
Posted by へたの横好き将棋 at 2007年01月02日 10:23
囲碁では、感想戦でなく、第3者の棋士に解説してもらって観戦記を書いているようですね。
そこで将棋では、感想戦だけではなく、控え室での棋士たちの継ぎ盤研究や、ゲラになった段階で対戦棋士が改めて振り返ってみて、好手・悪手の変化手順等を再発見しながら解説してもらって、観戦記に深みをだすなんて言うのはどうでしょうか?
だって、将棋世界の「千駄ヶ谷市場」が一番面白いんです、私にとっては。
Posted by へたの横好き将棋 at 2007年01月02日 10:27
お初にお目にかかります。
現在の観戦記のシステムが抱える問題は片上先生や小暮さんの指摘にあるようなものであり、その根幹にあるのは競争原理が働いていないことだと思います。
例えばある1つの棋譜について、2人以上の観戦記者が別の記事にすることは、あったとしてもかなり稀なことだと思います。
これからも将棋界全体のためにご意見を続けてください。
Posted by ゆうしゅん at 2007年01月02日 11:34
いつも不安に感じるのは、将棋の観戦記をいったいどれくらいの人が読んでいるのだろうか、という事です。 観戦記はなぜ書籍化されないのでしょうか。 佐藤棋聖の棋聖戦、羽生・久保のタイトル戦の記事をまた読みたい。
Posted by 倉田 at 2007年01月03日 08:15
 楽しく読ませていただいています。
 観戦記について、一ファンの立場から感想を記述させていただきます。観戦記の役割は主に一つだと思います。それは将棋の魅力を伝えるということに尽きます。
 魅力には二つの側面があると考えます。一つは大会や道場のトーナメントを楽しむアマチュアが参考になるような、主に技術的な向上に役立つような観戦記。これは将棋ファンのピラミッドで考えると一握りでしょうが、将棋世界や技術書を積極的に買うファンでしょうか。観戦記を技術向上が目的で読むファンはこれまでとおり興味関心が高いので、今の内容に大きな不満はないと思います。
 もう一つは、NHK杯や新聞を通じてのみ楽しむファンが感じる魅力。あるいは時間があるときに時々眺めるファンに伝わる魅力。こちらが今後の普及につながる点で大切でしょうか。ピラミッドの一番厚い層への浸透という観点ではもっとも力を入れるべきといってもいいと思います。そんなにしょっちゅうはささないけれど、将棋のルールは知っている。興味があるけれど、本を買うほどではない。こんなファンは観戦記に潜在的に不満を抱えていると思われます。技術解説が難しくて理解しきれないからです。ではこの人たちを満足させる魅力とは何かということになります。
 ファンが何を楽しむかにもよりますが、「普通」のファンは将棋の技術に対する感心よりも将棋を指すプロの人柄に対する魅力や、勝負の機微に対する心のアヤ、心理描写により関心が高いと思います。将棋を職業にする人たちへの特殊性に対する興味関心とでもいうのでしょうか。人そのものへの関心・魅力かもしれません。いまだに加藤一二三九段が好きだというファンが多いのは何故か。河口俊彦の対局日誌が終わり悲しむファンが多いのは何故か、真部の連載が好きだという人が多いのは何故か、先崎の文章が好きだという人は何故か(敬称略。ファンはプロ野球選手のように好きなプロを日常会話の中ではとかく呼び捨てにしがち。ごめんなさい)。
 そこには人の魅力があり、人の魅力を伝えるために工夫された文章の描写技術、あるいは人やその心理の魅力を伝えたいと考えるコンセプトが一貫しているからこそファンに伝わりやすいのではないか、と思います。
 観戦記の質を決めるのは観戦記者の力量と思いがちですが、私はそれ以上にその流れを作る連盟の将棋世界の編集方針の影響がもっとも大きいと考えています。プロはとかく技術を紹介するのが好きですが、それが分かりやすいかどうかは別の話だったような気がします。
 この10年を振り返っても、タイトル戦を軸にした技術解析偏重だった編集方針のつけがきているような気がします。プロの凄さを伝えることに力点が置かれていたような気がします。
 最近は編集方針が変わりつつある兆しが出始めているとは思いますが、もっと魅力の紹介の仕方を工夫する必要があるのではないでしょうか。凄さを伝える部分を残しつつも、身近さも同時に伝える。そのための新しい記事の開発に力をいれる必要があるのではないでしょうか。
 ちなみに私はアマチュアで三段程度の棋力で20年来の将棋ファンです。将棋世界は15年以上買っています。技術書も100冊以上持っています。観戦記は朝日新聞のネットで読むか、スポニチの王将戦、将棋世界でのタイトル戦、あるいは週間将棋のレディスオープンなどを読みます。
 観戦記ではレディースオープンがダントツに面白いと思います。なぜなら心理描写に力点が置かれた記事が多いからです後は数が少ないけれど島氏の観戦記。これも同様の理由からです。
 一般紙の新聞の連載記事は以前よりも字数の制限が厳しくなったと聞きます。かつてタイトル戦が普通のニュースとして一般紙で取り上げられた時代と違い、扱いは小さくなる一方です。将棋の欄が大きくなるかどうかは普及の頑張り次第だと思います。その意味では観戦記は格好の将棋への入り口。そう考えると、役割分担で技術的なことは専門誌に任せ、もっと普及に力点を置いた分かりやすいものに切り替える時期に差し掛かっているのかもしれませんね。
 かつて羽生七冠が誕生し、スポーツ紙の一面トップを飾ったように、サッカーや野球を蹴散らすだけの潜在的魅力が将棋にはあるとと思います。糸谷新人王は「将棋は斜陽産業」と危機感を口にしましたが、これは世相を反映した的確なコメントだと思います。娯楽の王様に復活するのは時代背景もあり難しいと思いますが、少しでも多くのファンを獲得するために業界関係者の方々には頑張って欲しいなと思います。応援しています。
 追伸・微力ながら会社で将棋クラブを運営しています。昨年はほかの会社も巻き込んで交流戦を始めました。初心者も多く魅力を伝えるのに苦労しています。仕事を抱えながらなので簡単ではありませんが、機会を少しでも増やし、魅力を少しでも伝えられたらいいなと思っています。敬具
Posted by 萩原亨 at 2007年01月06日 08:52
皆様コメントありがとうございます。

ファンに満足してもらえる観戦記がもっとたくさん出てくるよう、一棋士としてできる努力をこれからも続けたいと思います。

それにしても、「書籍化」「競争原理」この二つはまさに触れんとしていた内容だったので驚きました。考えることは案外近いのかもしれないと思いました。
機会を改めて、取り上げられればと思っています。
Posted by daichan at 2007年01月07日 01:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30631288

この記事へのトラックバック

名人戦問題の今後
Excerpt: 3月より世間を騒がせていた名人戦問題が、一応の決着を見ました。 棋戦も減らず、現状では多分誰もが歓迎すべき結果になりました。 共催ということで、将棋がより広く世間に紹介される機会が増えたことは、間違い..
Weblog: 即席の足跡《CURIO DAYS》
Tracked: 2007-01-02 12:02

名人戦の価値
Excerpt: 年末に一応決着を見た名人戦問題、ちょっと根本的なことで考えちゃいました。 この問題、朝日がなんとか主催できないか、って思った(思っていた)ところから発したわけだけど、 それはなんで? 新聞社が億..
Weblog: 即席の足跡《CURIO DAYS》
Tracked: 2007-01-07 00:25

観戦記について
Excerpt: 渡辺竜王ブログの最新記事で、観戦記のことが書かれてました。 以下引用させていただきます。 *************************************** そこで話題になったのは観戦記..
Weblog: 即席の足跡《CURIO DAYS》
Tracked: 2007-07-19 21:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。