2007年11月10日

頭脳勝負

先日すこし触れた、渡辺竜王の新書をちょっとご紹介。

すでにいくつかのブログでも評判になっている通り、いままでになかった将棋の本であり、非常に良い出来に仕上がっています。特に棋力のそれほど高くない方に、あるいは(将棋は指すけど)将棋界のことをよく知らない方に、ぜひおすすめしたい一冊です。

読んでみてまず「対局しているときに棋士が考えていること(指し手の部分も含めて)」を伝えるのに腐心しているな、という印象を受けました。これは強い人ほどかえって難しい分野であり、僕自身も常々やってみたいと考えていることです。だから僕が言葉にしたかった内容もたくさん含まれていて、ちょっと残念な気持ちもありました。でもタイトル戦の描写などは彼でなくては書けない内容ばかりなので、やっぱり僕には無理ですね。

うまく自分の好きなスポーツにたとえていたりとか、話の持って行き方がうまいのにも感心しました。将棋の話は、他の世界の話に置き換えるとわかりやすくなる、というのは僕もよく意識しているところです。ブログなどでもそういう書き方はあまりしたことがなかったはずなのに、たいしたものですね。
パソコンの前で数時間考え込んでしまうこともありました
と言うだけあって、苦労のあとがうかがえます。


相変わらずというか、思い切った発言もたくさんしているのは興味深いところです。以前から言われているようなことであっても、並の棋士が言うのと竜王が言うのでは意味合いが違います。特に順位戦に関する話のくだりは、(内容的にはむちゃくちゃ真っ当なんですが)よくここまで書いたなあ、と思いました。

ということで引用しておきます。
様々な意見が出ているのに具体的な議論に至らないのは、「どんな制度でも勝つ人は勝つんだから、細かいことを決めるのは見苦しい」という「棋士感覚」が根底にあるからかもしれません。確かに、何もかもきちっと決めてしまうのは面白くないかもしれませんし、順位戦制度は長年続いてきている伝統あるものですが、そろそろ少しは改善しても良いのではないかと感じています。

たしかに、そういう棋士感覚はいたるところに顔を覗かせています。制度の問題とは本来何の関係もないはずなんですけどね。
まあそれはさておくとしても第一人者がここまではっきり書いていて、ほうっておくわけにはいかないのでは?とは思います。


他では「スポーツを観るように将棋も」という項は非常に印象に残りました。ほかに「無責任に」という表現も出てきますが、ようは「分かった気になって」「勝手な視点で」楽しんでほしい、というところでしょうか。まったくその通りですね。

僕はその中で常々「技術の普及」をしたいと思っているので、そんな人たちの理解をちょっと手助けしてあげられたらな、ということは思います。でも、分からないけど観る人、分かった気になって観る人、分かろうとして観る人、いろんな人がいていいですよね。

まあそういうわけで、ぜひご一読ください。


最近棋士の新書が増えている、とある人に言われました。たしかにそうですね。将棋そのものでなく、将棋界とか、棋士とか、そういったところに注目が集まっている証拠ではないかと思います。そうした流れに自分も寄与したい、と思って日々いろんなことを考えたり書いたりしています。
posted by daichan at 21:56| Comment(5) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
順位戦は現実的に10局指して9勝でも昇級できないケースが出ています。勝率9割で昇級できないというのは,個人的には制度に欠陥があることの証明ではないかと考えています。局数を少しでも増やすことでいくらか改善されるのではないかと思っていましたが,竜王が提唱されているスイス式はいい方式ではないかと思います。1ファンとしてですがその提言を支持します。
Posted by spinoza05 at 2007年11月10日 21:56
最後の段落ですが,「棋士の新書」ではなく単に「新書」が増えているだけだと思いますよ。
私が高校生の頃には(約十年前)新書と言えば岩波・中公・講談社・クセジュといったあたりで,その頃と今を比べれば今はまさに「平成新書ブーム」と言っても過言ではないでしょう。
新書版に参入している出版社の数のみでなく新書という版型の出版総数も増えていると思います(調べていませんが)。

そのような状況の中で,ブーム前なら需要の少なさからお鉢の回ってこなかった分野にも出版の機会が訪れているのだと思います。

将棋人気の多少の高低に関わらず,地上波のテレビ番組では将棋番組の数は長く一定だったはずです。ですが,特に急激に人気が高まったわけでもないのに,CSの登場で将棋番組の数は一気に増えました。

出版でも同じことです。
「将棋界とか、棋士とか、そういったところに注目が集まっている証拠」ではなく「将棋界とか、棋士とか、そういったところに注目が集める【チャンス】」が訪れているに過ぎないと思います。

新書全体の出版総数,将棋以外の多様なジャンルの出版数,(新書以外の)将棋本の売り上げ,等々の資料を積み上げれば,特に「将棋界とか、棋士とか、そういったところに注目が集まっている」わけではないことを証明できると思います(単に予想なので意外にも逆の結論が出るかも・・・)
Posted by at 2007年11月10日 23:23
あきら竜王の著書の推薦文を書いた、
IT界の旗手梅田望夫氏の影響は棋界にも強くなってきましたね。
先日、あるプロ棋士がそんな梅田氏のブログに揚げ足をとった書き込みをして多くのネットユーザーを敵に回しましたけど、連盟自体がそんなアナクロ感覚じゃないですよね。
もし片上先生がそんな棋士と対局したら
木っ端微塵にしてやってください。
Posted by at 2007年11月11日 08:59
 「スポーツを見るように将棋を見て楽しむ」というのは、まさに私の態度そのものです。片上先生や渡辺竜王のような現役バリバリのプロ棋士からそのような将棋の楽しみ方を認知して下さる意見が出てきていることは、大変ありがたいことです。
 ただ、私のようなファンの存在を、どのようにして収入増につなげていくかは、将棋関係者にとって、なかなか難しい問題であろうと思っています。楽しませていただいている身として、機会があれば、そういう点についてのアイデアも出すことができればと願っています。
Posted by 指さない将棋ファン at 2007年11月11日 11:05
>スピノザさん
 そうですね。実は僕は9−1で上がれないのが即弊害とは考えてないのですが、何にせよ公平性が高まるのであれば、考慮すべきではと思っています。

>指さないさん
 ぜひ、期待しています。たしかに収入につなげるのが喫緊かつ難しい課題です。取り込むまではかなりできてきていると思うのですが。


あと2番目の方、新書自体が増えているというのはうっかりしていました。それを「チャンスが来ている」ととらえるべきという視点、大いに支持します。たくさんある中でとりわけ棋士の出版物が評判になるということは、それこそ将棋界が注目されるということですからね。
Posted by daichan at 2007年11月11日 16:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65693649

この記事へのトラックバック

「頭脳勝負―将棋の世界」はどう読まれているか
Excerpt: ちょっと思い立って、渡辺竜王の「頭脳勝負―将棋の世界」についてブログでレビューを
Weblog: Takodori's Self-brainstorming How to Promote Shogi Globally
Tracked: 2007-11-16 10:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。